So-net無料ブログ作成
飛行機 ブログトップ

中国 LCC 春秋航空日本運航開始 [飛行機]

スポンサードリンク





中国系の LCC 春秋航空日本が今日から就航を開始しました。
本来であれば 6 月 27 日に就航開始予定だったのですが、
諸々の準備不足のため今日まで延期されていたとのこと。

設定されるのは LCC 定番となった成田をベースとして
高松(1 往復)・広島・佐賀(それぞれ 2 往復)を結ぶ 3 路線。
高松線も 2 往復の予定でしたが 10 月 25 日まで 1 往復運休とのことです。
当面運用する機体は 3 機。
将来的には 5 年をめどに 20 機体制にすることを考えているとの事です。

使用するのはボーイング 737。
本家の春秋航空ではエアバス A320-200 を使っていますが、
日本では要因確保が容易であると考えたのか
多数運用されているボーイング機を使用する判断をしたようです。

気になる運賃は成田-高松線が 5,630 円から、成田-広島線が 5,690 円から、
成田-佐賀線が 5,700 円から。かなり頑張っている印象です。
高速バスと比較してもかなり安いですしね。
手荷物とか予約取り消し、変更の点で制約が増える点は
ほかのLCC と同レベルのようです。

2015 年の早い段階には新路線開設を検討しているようなので
ということですので期待してみたいと思っています。
個人的には親会社の春秋航空が最初に国際線を飛ばしてくれた
茨城空港への就航も是非お願いしたいところです。

当面としては、しまなみ海道への往復で使えないかなと思案しております。
ここを自転車で走るのが一サイクリストの願望としてありまして。
もっとも、四国側最寄りの松山空港へは既にジェットスターが就航していますけどね。
行き帰りのどちらかはサンライズエクスプレスを使いたいなぁなどど構想を膨らましています。

といろいろ書きつつも、まだ LCC を使った事がありません。
かなり充実してきた感がありますのでそろそろよりカジュアルな翼で飛んでみましょうかね。


スポンサードリンク



スカイマークがんばれ! [飛行機]

スポンサードリンク






目下、経済ニュースを賑わせてしまっているスカイマーク。
にわかに台頭してきた LCC に押され苦しくなってきた所にエアバス社からの A380 契約解除通告。
「大手の傘下に入れ」とまで言われたとかなんとか。。

非常に苦しい状況かと思いますが、
大手 2 社をさらにのさばらせるような状況は顧客にとってマイナスにしかならないと思います。
国の後ろ盾もなくまさに孤軍奮闘といったところですが、
私は心から応援したいと思っています。

我が郷土の茨城空港に飛行機を飛ばしてくれている会社でもあり、
路線休廃止が頻繁に行うなどあまり評判が良くないとの声も聞きますが、
LCC よりも充実したサービスレベルであの運賃はかなり頑張っていると思います。

私が過去にスカイマークで飛んだ経験は 2 度ほどあり、
一回目は北海道鉄道貧乏旅行の帰りで。
北海道&東日本パスを使い、できるたけお金を使わないで北の大地を周り、
その帰路に使った時は 5,800 円という素晴らしい運賃で運んでくれました。
今は少し値上げしてしまいましたがそれでも大手より良心的な運賃でがんばっています。

そして二回目は富良野スキー場に行った時。
1 月の三連休で運賃は高くなりますが、それでも成田~旭川間が往復 2 万円ちょっと。
現在、この便は休止になってしまって今後は安くいけそうにないのが残念でなりません。
経営が立ち直ったら是非復活してくれることを祈っています。
もし飛んでくれたら夏もスカイマークで富良野等をたずねてみたいと思います。

機内でのドリンクは有料ですが実にリーズナブルだし、
こちらも有料ですが軽食(カップ麺ですけど…)の提供もあったりで
小腹が空いた時など重宝しそうな品揃えです。
鉄道の車内販売に慣れている人間としては
この方式のほうがしっくり来ますね。

私も個人的に色々とあり厳しい状況にあるので
つい肩に力が入ってしまいましたが、
かと言って乗って応援してあげるほど余裕が今はないので、
ここから密かにエールを送ることにします。。。

食わず嫌いの方、一度乗ってみることをおすすめします。
乗った後で好き嫌いがはっきり別れるかも知れませんが(笑)





JAL SKY MUSIUM (工場見学) [飛行機]

2 日前に何気なくウェブサイトを見ていたら、空きがあったのですかさず予約。
本日行ってまいりました。

最寄り駅は東京モノレールの新整備場駅。
モノレールの 1 day パス(一日乗車券)を使いました。

140703-095608_R.JPG

浜松町から普通列車にのって新整備場へ
(空港快速、快速はとまりません)。

11:00 からの会でしたが、10:30 分過ぎに到着。

140703-103821_R.JPG

講習会が始まるまで展示コーナーをぐるぐる。
ビジネスクラスのシートの体験コーナーがありました。

140703-105141_R.JPG

11:10 から座学?開始。
羽田空港とか飛行機の色々なお話を聞けます。
なかなか興味深い話が沢山でてました。
これだけでも行く価値あるかも。

30 分強の講義のあと 10 分休憩。
この間に展示コーナー併設の売店でおみやげを購入。
この売店は JAL 社員の方も利用しているようです。
また、建物奥には社員食堂もありますが、
こちらは一般は立入禁止。

休憩の後はいよいよ格納庫(整備工場)見学!
まずは第一格納庫から。

140703-115958_R.JPG

飛行機を整備・点検するための足場(ドック)が物々しく組まれています。
画像の機体は大掛かりな改修(無線LAN設置、座席替え、塗装替え)を
受けている最中との事でした。

もう一組ドックがありこちらは比較的軽めの検査を受けているようでした。
そして、通路を挟んだ第二格納庫へ。

140703-121332_R.JPG

こちらはドックもなく広々。
柱が一本もないのにちょっと驚きです。
構造的に不要なように作ってあるんだそうですが。。。

ここの一階に下りて色々撮影したんですが、
ものによっては NG となるようで JAL に許可を仰ぎ、
OK なものを後日掲載しようと思います。
というわけで 1 時間 30 分(少しオーバーしましたが)の見学はあっという間に終わりました。


スポンサードリンク





工場を後にするとまもなく 13 時という時間帯。
近場でランチをと思い、事前に調べてみると向かいのビルにレストランが
あることが分かりました。

140703-125932_R.JPG

この画像に見覚えある方もいると思いますが、
このお店では以前タモリ倶楽部のロケが行われてます。
同じビルの中に ANA の関連会社が入っており、
ここの社員食堂的な存在なのかもしれません。
お値段も若干控えめなので空港ターミナルで食べるよりお得かも。。

ただ、目の前が誘導路で結構な頻度で飛行機の往来がありますので、
好きな人は落ち着いて食事ができないかもしれません…(笑)

食事の後は、第一・第二・国際線ターミナルの展望デッキで、
まったりと離陸をながめつつ過ごし、夕方のラッシュが始まる前に帰宅。

飛行機まみれのかなり贅沢な一日でした。


スポンサードリンク



飛行機 ブログトップ