So-net無料ブログ作成
検索選択

茨城県南部から千葉県北西部の「地震の巣」 今後の地震の可能性は? [ニュース]

スポンサードリンク





今日の昼下がりにあった大きな地震。
どうやら茨城南部から千葉県北西部に存在すると言われる
「地震の巣」に震源があった模様です。

埼玉の一部地域で震度 5 弱の揺れがあったり、
また群馬では土砂崩れが起こったりという情報がありましたが、
皆様の身の回りでは問題はなかったでしょうか。

私ももしやあの時の再来か!と背筋が寒くなりましたが、
周辺では大きな混乱もなく今回は内陸部の震源で津波の心配は
ないとのことで一安心です。

ただ、その後の気象庁の発表では、「この震源地の付近では
東日本大震災以降、さらに活発な状態が続いており、注意してほしい」
との事ですから、用心に越したことはありません。

で、ふと疑問に思ったのですが、
「なぜこの地域で地震が多いのか。」
という事について調べてみました。

今回の震源ともなった千葉県北西部から茨城県南西部にかけては、
フィリピン海プレートが沈み込んでいるへりにあたるそうで、
さらに太平洋プレートがその下に潜り込んでいたりして、
歪みがたまりやすく中小の地震が多く「地震の巣」と呼ばれている所以とのことです。

気象庁ではこの付近の地震が今後多発する可能性を示唆しているようですが、
過去の統計を見ると、ここで大規模な地震が発生した事はないようで、
とりあえず、一安心と行っても良いのかもしれません。

とはいえ、首都圏直下型地震の可能性も否定されておらず、
またせっかく?の機会ですから、
心を新たに防災意識をしっかり根付かせて置くのに越したことはありませんね。

ということで、私も身の回りについてもう一度見なおしてみることにします。


スポンサードリンク



大江麻理子アナ結婚!お相手は松本大 マネックス証券社長 [芸能]

スポンサードリンク





個人的にショッキングなニュース。
テレビ東京のアナウンサー大江麻理子さんが結婚を発表したそうです。

気になるお相手はマネックスグループ代表取締役社長 CEO の松本大さん。
なれそめが気になるところですが、やはり経済に強いテレ東ですから、
かくの業界の人たちとは接触がたくさんあるのでしょう。

ちなみにこの方、
東京大学法学部卒、外資系証券ソロモン・ブラザーズから
ゴールドマン・サックス証券勤務を経て 1999 年にマネックス証券を創業。
というなんとも輝かしい経歴をお持ちのお方。
私なんぞは太刀打ちできるはずもありません。

といいますか、そもそも同じ土俵にいないわけですが。苦笑。

翻って、大江さんも
フェリス女学院大学文学部日本文学科卒業。漢文学を専攻し、
中国の大学への留学経験もあり。
また、ひいおじいさんが名士だったそうで、
まあ、非常に釣り合いのとれたカップルともいうことができそうです。

好きなアナウンサーなので少し寂しい気持ちもありますが、
ぜひとも幸せになって欲しいものです。



スポンサードリンク



ふるさと納税とその仕組(南足柄市の相州牛、申し込み殺到で受付中止) [ニュース]

スポンサードリンク





昨日のニュースから。
内容はタイトルの通り。

相州牛というのがテレビで紹介されたようで、
以後、ふるさと納税での申し込みが殺到、捌ききれなくなったため、
申し込み中止になった模様です。私も興味があったのでちと残念。。

さて、この「ふるさと納税」ですが、
その仕組を詳しく知らない人、まだまだ多いんじゃないでしょうか。
ということでこの場でさらっとわかりやすく書いてみます。

まず、この制度は
「地方自治体に対する寄付金は 2,000 円を超える部分が全額控除される。
ただし、個人住民税所得割の概ね1割を上限とする」
というもの。

もっと砕くと、「寄付金 2,000 円以上はキャッシュバック(条件付き)」
となります。
さらに、この寄付をすると地方自治体からの「お礼」として
その土地の名産品を送ってくれるというサービスがあります。

すなわち、「2,000 円で特産品がもらえる!」
というわけです。
先に書いた南足柄市はこの制度の特典として、
「相州牛」を送ることにしたということですね。

このふるさと納税に参加する自治体や
何がもらえるか等については以下のサイトが詳しいです。

ふるさと納税ポータル:
http://www.furusato-tax.jp/

これを見ると非常に沢山の選択肢があることに気づきます。
利用しない手はないですよ。奥さん!

ただし、現状は還付分の税金(ここで言うキャッシュバック)を
受けるためには確定申告の手続きが必要になりますので要注意。


スポンサードリンク



黒姫るんるん合宿 2014 年 09 月 その 3 [自転車]

スポンサードリンク





合宿最終日。
日本海までのダウンヒル&寿司というのがお決まりであるようです。

9 時過ぎにスタート。
黒姫から妙高池の平、杉ノ原・国際をつなぐ道を走り、
赤倉の手前で右に折れて国道 18 号へ。
道の駅あらいまで道なりにダウンヒル。
ここはなだらかな下りなので、
スピードを維持するにはそれなりに漕がなければなりません。
とはいえ、平均速度は高めなのであっという間に到着です。
昨日あれだけ苦労して登ったのが嘘のよう…

そこからはさらに街なかへなだらかに下り、
春日山駅近くの回転寿司屋さんへ。

サポートの方が早めに着いて予約してくれていたので、
ほとんど並ばずに入れましたが、
休日に普通に尋ねた場合、行列は必至のようです。

チェーン店とは言え、さすがに海が近いだけ有り、
ネタは新鮮。最近魚介をあまり取っていなかったので、
旬のさんま等、がっつりいってみました。
旨かった!

DSC04806_R.JPG

食後は腹ごなしに道の駅あらいまで戻ります。
ここで、再度サドル(更に後ろにスライド)と、
ハンドル(さらに下げ、ヒルクライム専用ポジション)を
調整していただき、渋かった変速部分も合せてみていただきました。

そこからは旧道沿いに戻ることに。
なんとものどかな風景の中をまったり走ります。
今日は「ゆっくり走るチーム」の 3 人で、
おしゃべりしながら楽しく走って帰りました。
先の調整もあり、ストレス少なめで走れた気がします。

かくして本日の走行距離は 103km、獲得標高は1328m。

ところで今回利用したペンションですが、
合宿参加者におおいなる便宜を計ってくれていて、
最終日の帰宅時まで部屋は使えるし、
ライド後のお風呂OK、夕食(オプション)も出してくれる
という素晴らしいお宿でした。
冬にスキーで来ることがあったら使いたいお宿です。

お宿を出たのは 6:40 分過ぎ。
関越で渋滞に少しハマりましたが、時間帯をずらしたせいか、
ほぼ順調に帰ってくることができました。
それでも自宅についたのは 23 時を過ぎていたんですけど。。

<総括>
黒姫るんるん合宿。
嵌りそうです。とりあえず、ハンドル・サドル周りのパーツを交換して
また参加したいと思います。
ただ、今年の最終回には間に合わないかな…


スポンサードリンク



黒姫るんるん合宿 2014 年 09 月 その 2 [自転車]

スポンサードリンク





合宿 2 日目。
三連休中日はがっつり走るコースになるようです。

9 時過ぎに宿をスタート。
軽めの峠を一つ越え、道の駅ふるさと豊田へ。
ここで長めの休憩、レストランでりんごジュース(一杯 100 円)を
いただきました。んまい!


その後は飯山の街を抜け、光ヶ原高原へのヒルクライム。
…の前に登り口で休憩。ここでランチです。
今日のお昼は事前購入によるサンドイッチとカステラ。

そして、本日最高地点へは約 10km の登り。
ペース配分が分からないのでゆっくり登ってみます。
が、結構ハードでした。。。

やっとの思いでピーク。
から少し下ったところの展望台で休憩。
眼下奥には日本海が見えました。

DSC04789_R.JPG

そこからは 10km のダウンヒル。
前半は快適、後半はトリッキー。。
楽しくてスリルがあります。
そのまま下って道の駅あらいで休憩。

時間が遅くなりそうだったので、
休憩は短めにしてスタートしますが、「ここからは各自お宿へ!」という、
なかなか気合の入ったコース取り。

国道 18 号をみちなりに行けば最短らしいので、
私はそのコースを行くことに。
というか先行集団からちぎれてしまったので、
裏道がわからなかっただけなんですけど。。

国道を行くコースは確かに最短らしいのですが、
単調かつだらだらと登り続けるので、
かなりの苦痛でありました。

途中、国道脇のトイレで小休止して、
あとはなんとかゴールまで…と思いましたが、
直前で軽いハンガーノック状態に。
すかさず、自販機で栄養ドリンクを補給し、
なんとかゴールすることができました。。

この日も食事時にビールを一杯頂きましたが、
アルコールはこれでお腹いっぱい。。
今日も早めに休むことにします。

かくして本日は走行距離118km、獲得標高 2,209m という、
過去にないハードな旅路でございました。。

なんとも不本意な走りでしたが、
回収されなかっただけでもヨシとしましょう。。

更に翌日に続きますよ↓
http://lilac-kaz.blog.so-net.ne.jp/2014-09-15


スポンサードリンク



黒姫るんるん合宿 2014 年 09 月 その 1 [自転車]

スポンサードリンク





「黒姫るんるん合宿」に初参加しました。
その 1 日目です(前夜の話題含む)。

まず、「黒姫るんるん合宿」とはなんぞや。
毎年 5 ~ 10 月にかけて毎月 1 回開催されているサイクリング合宿で、
主催者の藤下雅裕さんは以前、忌野清志郎さんのトレーナーをされていた方。

その内容はポジションチェックとパーツ調整、走り方などのレクチャーを
受けつつ、黒姫高原周辺をライドするというイベントです。
ライド中はサポートカーが伴走し、休憩地点では、
ドリンク・補給食も支給といういたれりつくせりの内容。

また、夜の食事からの懇談会?では普段接することのできない
「濃~い話題」でとても楽しい時間を過ごせます。

今回 2 回目の友人と一緒に参加。
前泊で申し込んだため昨日の 23 時過ぎに宿に入りました。
宿泊は黒姫高原スノーパークの近くにあるペンションなんですが、
道が入り組んでいてわかりにくく、2 度目の友人をしても
15 分位周囲をさまよいました。

ちょうど藤下さんと同じタイミングで到着。
早速挨拶を交わしました。
その後は食堂で一杯やりながら、
藤下さんのお話に耳を傾けつつ気がつけば午前 2 時。。

そしてあくる日の合宿初日。
初参加の私は朝一でバイクフィッティング。
友人は他のメンバーさんと朝練に出かけます。

まずローラー台に自分のバイクを固定し、
そこでとりあえず 20 分漕ぎます。
ちょっと疲れてきた頃から藤下さんのフォームチェックが入り、
クリート、サドル、ハンドルの調整が入ります。

クリート位置の詳細は不明ですが「安定して回せるように」、
サドルは高さは若干 UP して後方にスライド、
ハンドルは角度(少し下げ)とシフター位置の調整が入りました。

合わせて、ハンドルとシートポストの交換をすすめられました。
帰ったら早速検討開始の予定です。

そして、他の 2 人にフィッティングの様子も見学し、
いよいよ初日のライドに繰り出します。
このフィッティングの人数が多い日は、午後までかかることもある
ということですから早めに走り出せた私達はラッキーだったかも。

まずは、朝練に出かけた人たちのルートをたどって、
途中にある農園の直売所へ。
ここで補給食?のとうもろこしを食べている所へ、
朝練メンバーさん達が帰ってきて合流します。

しばし休んだあとで、次に向かうは野尻湖へ。
湖畔にあるレストランでランチを取るのが恒例になっています。
湖の直ぐ側で絶好のロケーション。

DSC04754_R.JPG

屋外のテラスでおすすめのオムライスを頂きます。

DSC04759_R.JPG

十分な食休みのあとはタングラム斑尾へ。
スキー場入口まで登った所で小休止し、
更に少し登って北に折れて新潟県に入り、
関山駅近くまでダウンヒル。
そこからは国道18号の裏道(旧道?)を通って黒姫へ戻る
という約 66km、獲得標高 1266m のコースでした
(途中、全日本ウィンタースポーツ専門学校前のコンビニ、
妙高高原駅前で休憩)。

宿に戻り、お風呂で汗を流した後は、生ビール!
この旨さはたまりません!!
夕食もボリューム・味とも申し分なし。
食後の話も盛り上がっていましたが、
私はすごーく眠かったので早めに退散。。

最後に。
獲得標高を書いたのは、
この合宿、環境上、上り下りが必然的に付き物と
なっているためその確認のためであります。

今日もそれなりの疲労感だったので、
普段、平地ばかり走っている私は 3 日間持つのだろうか
という不安を胸に床に入ります。

翌日に続きますよ↓
http://lilac-kaz.blog.so-net.ne.jp/2014-09-14


スポンサードリンク



江角マキコ落書き問題の真相は? [芸能]

スポンサードリンク





江角マキコさん。

竹を割ったようなサバサバした印象で
私も好きな女優さんですが、最近どうも周辺が穏やかではないようです。

事の発端は、2012年12月に江角さんの元マネージャーが
長嶋一茂さんの家に落書きをしたということだそうで。

長嶋一茂さんのお子さんと江角さんのお子さんは同級生。
いわゆる「ママ友確執問題」があり、元マネージャーさんが
「江角さんがかわいそうでやった」と自白したようです。
原因はなんであれ、ここで元マネージャーが出てくるのが?なのですが、
そこまで信頼関係が築けていたという見方もできるでしょう。

そうしたところに某週刊誌に、
「実は江角さんの指示でやった」というこの元マネージャーがさんの
告発記事がでてしまったようです。

週刊誌レベルなので正直なところ信頼性には疑問符が付きますが、
最近は「当局」が動いているのではなどという不穏な話も
出てきているようです。

当事者はお二人とも有名人。
2 年前の話ですし今更事を荒立てることなく
なんとかうまく収まってほしいものと思います。
江角さんが画面から消えるのは寂しいです。


スポンサードリンク



松戸富田製麺 ららぽーとTOKYO-BAY店の「濃厚中華そば」 [グルメ]

スポンサードリンク





週末の自転車合宿に備えて、小物の買い物へ。
いつもは近場で済ませるのですが、
時間があったので、「本家ららぽーと」?のサイクルショップへ。

さくっと買い物を終えて、晩御飯の時間。
施設内の食べ物やさんいっぱい有りますね。。

ということで店内マップから近場のお店を探してみると、
目と鼻の先に「松戸富田製麺」という名前が。
あの有名店「とみ田」の関連なんだろうなということで、
チャレンジしてみることにしました(本家は未訪問)。

訪問したのは 19 時過ぎ。
店内にはかなりの空席がありました。
このお店、ランチタイムはそれなりに行列ができるようですね。
実際、私が入店した直後に雪崩れ込むように複数組のお客さんが来てました。

券売機でチケットを購入する形式です。
やはりここはつけ麺でしょうね。
「特製つけ麺」を推しているようですが、
まずは基本からと言うことで「濃厚つけ麺(850円)」を選択。
チケットを購入するとすかさず店員さんから案内があります。
この対応、素晴らしい。

着席から料理到着までは少し待たされます。
太麺なので茹で時間がかかるのでしょうね。
そして到着。

DSC04744_R.JPG

美しい。
全粒粉入りの太い角のある麺。
麺だけするとしっかり小麦の味がします。
麺に乗せられたチャーシューは鳥と豚の 2 種類。
豚は低温調理のためこんな色合いだそうです。
ローストビーフっぽい食感で好みがわかれると思います。
正直私はいまいち好きじゃないお味。
もっとフツーのチャーシューでいいです。
ちなみに、鳥は美味しかったです。

スープは程よい粘度のある濃厚魚介豚骨。
アクセントにゆずが乗っています。
このバランス感が絶妙です。麺をすすっている時に
濃厚な魚介豚骨の間を縫って時々香ってくれます。
スープ割りをするとさらにゆずが際立って、
こってりなんだけど後味すっきりななんとも言えない
爽やかさがありました。

基本的に行列店には行かないようにしているんですが、
ここは空いているときいまた訪問したいと思うお店でした。


スポンサードリンク



お一人様でカラオケ [エンターテインメント]

スポンサードリンク





最近ジワジワと浸透しつつある「一人カラオケ」。

近所のネットカフェにもその専用ルームがあるというので行ってみました。

このお店では「ワンツーカラオケ」というブースがあり、

一人 or 二人でカラオケが楽しめるようになっています。

部屋はこんな感じ。
DSC04740_R.JPG

奥が鏡になっているので奥行きがあるように感じますが、

二人入ればいっぱいいっぱいです。


テーブルの上にあるのは無料サービスのモーニング。

(添えてある小倉はオプションで有料)。

ネットカフェなのでもちろんドリンクは飲み放題。

テレビも見れるしパソコンもあり、

漫画を持ち込んで読むことも可能。

いたれりつくせりです。


今日は私ともう一組しか使っていませんでいたが、

やはり土日は人気らしく、

お店の方曰く、「すぐに満室になるので予約をオススメします」

とのこと。


カラオケマシンはJOYSOUND と DAM から選択可能。

またこだわりたい人にはコンデンサーマイクもあり、

ヘッドホンと組み合わせて本格的に歌うことも可能。

ヘッドホンは有料で貸し出し。

DSC04742_R.JPG

居心地が良かったので一人で 2 時間がっつり歌いました。

おかげでちょっと喉をやられました。。。

平日なら気軽に楽しめそうですし、

この楽しさ、快適性、やみつきになってしまうかも。


スポンサードリンク



JR北海道新型特急車両285系の開発断念 [ニュース]

スポンサードリンク





残念なニュースがありました。

JR北海道は開発していた新型特急車両285系の開発を断念するそうです。
「コストとメンテナンスの両面から過大な仕様」との事です。
複合車体傾斜システムとモーターアシストのハイブリッドシステム駆動システムで、
スピードアップと省エネルギー化を両立させる車両という位置づけでした。
かなり意欲的な車両だったのですが非常に残念です。

「スピードより安全優先」らしいですが、
今の体力ではどちらも維持することが困難という判断なのでしょう。
現在製作中の試作車3両が今月末にも完成するとのことですが、
在来線用総合検測車に転用される可能性が高いようです。

当面は現時点の最新車両261系の増備でしのいでいくとのことです。
この車両も既に使用しなくなった車体傾斜装置などは今後省略されていく事になるのでしょう。

最近の立て続けの脱線事故などで信頼性は下がり続け、
さらに抜本的な解決策も見いだせていない状況のようで、
抜け出すことが大変困難な悪循環にハマってしまっていると感じます。

個人的には現行の体制のままでは、
たとえトップをすげ替えたとしても良い展望が見えないので、
いっそのことJR東日本に吸収して貰って新しい道を探る方が良いと思います。



スポンサードリンク