So-net無料ブログ作成

5 月の新車販売、燃費不正の軽三社で減少 [ニュース]

5 月の新車販売台数が発表され、

燃費不正問題で話題となった三社(三菱、日産、スズキ)の

販売台数が軒並みダウンとなりました。


特に、三菱の「ek」シリーズ、日産「デイズ」シリーズは

生産を取りやめているため 0 台という数字です。


また、スズキの主力軽自動車「アルト」「スペーシア」は

いずれも大幅に減少しました。

「アルト」は9.8% 減の 7,211 台、「スペーシア」は17.0%減らして

6,676 台となっています。


その変わりに躍進したのが残りのホンダとダイハツ。

ホンダの「N-BOX」が 10.5% 増、ダイハツ「タント」が 29.9%増と

なっており、上記三社の代替で売り上げた伸びたと思われます。


それにしても、軽自動車だけでなくほぼ全車種の三菱自の

今後はどうなってしまうんでしょう。


日産傘下になったところで、失った消費者からの信頼は

簡単に取り戻せそうにはないと思われる今日このごろであります。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。