So-net無料ブログ作成
検索選択

ニラと誤ってスイセン食べて死亡 [ニュース]

本日のニュース。

北海道での痛ましい事件です。

60歳代の男性が自宅で採取したスイセンを

ニラを誤って食べ、死亡してしまったとのこと。


このサイトを見ても

ニラとスイセンの葉はよく似ており、

これまで食中毒も多く起きているそうです。


今回不幸にも誤食した方は亡くなられてしまいましたが、

スイセンの毒とはどんなものなのかといいますと、

リコリンやシュウ酸カルシウム (calcium oxalate) などが主な成分のようで、

その致死量は 10g。

かなり危険な毒であることは確かですが、

過去の食中毒の例を見ると、嘔吐によってその殆どを吐き出してしまうため、

軽症で済む場合がほとんどのようです。

今回はよほどの量を食べたかということが考えられます。


かくして、身近にはこんな危険も潜んでいます。

こういう悲劇を避けるために、

ニラとスイセンを見分ける方法について書いておきます。


1. 臭い

ニラには独特の臭いがあります。

これはピンとくる方が多いでしょう。

採取した時に臭いをかぐというのが一番わかり易い見分け方かと思います。


2. 球根の有無

スイセンには球根があります。

根っこごと引っこ抜いた場合は判別可能です。


※ニラとスイセンは一緒に生えていることが多いので、

確固たる自身がないときは食べるのはやめましょう。



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: