So-net無料ブログ作成

マクドナルドの期限切れ鶏肉問題、前兆は 2013 年。やはり中国産は危険? [ニュース]

最近のニュースを賑わしているこの話題。
ちょっと気になったので書いてみます。

中国の食品加工会社で期限切れの肉を出荷していた事が発覚した

というこの話題ですが、現在のところ、マックの見解としては
「一部の人間の仕業。騙された。まだこの会社の肉が日本に輸入された形跡はない」
という意見を表明しており、鶏肉製品はタイ産のものに切り替えて販売を継続しているようです。

ところで、関連する単語でニュースを幾つか拾ってみると、
去年の 1 月の時点でこんな話題が引っかかりました。

『「中国産の正常ホルモンを過剰に投与された鶏」について問題とされた時に、
「心配なら購入控えて」と言い販売自粛はしていなかった』

とあります。
根本的な対策を講じずにやり過ごしていたと思われます。
この頃に真摯に対応しておけば今日の状況は避けられたはずですよね。
これは今にしてみればかなり罪深いと思います。


スポンサードリンク





また、少し話はずれますが過去に BSE 問題が持ち上がった時に、
当時の吉野家のお偉いさんがテレビで同様の発言をしているのを見て、
この時から吉野家に行くの極力避けるようにしています。
顧客の安全などはこれっぽっちも考えていないようで、
保身にまみれたこの言葉、まったくもってひどいものだと思います。

現在、当然のことながらマックの売上はガタ落ちのようですが、
これは致し方ないことかと思います。
昨今の「マック離れ」が更に加速されると思われますが、
果たして経営陣にこの改善策を見出すことはできるのでしょうか。

因みに、私はというと恐らくこの時既にマックを「卒業」していました。
寄る年波のせいでしょうか、いつの間にかマックのメニューに魅力を感じることが
全くなくなってしまいました。
あの値段で食べられるということは、やはりそれなりに裏があるということを
理解する必要があるのかもしれませんね。

消費税増税の折、私の財政状況はますます厳しさをましておりますが、
健康には変えられませんからね。。。

スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0